フレーム構造にご注意

GIS Solutions
HOME>GISソリューション>点字誘導ブロックデータ/歩道ネットワークデータ

tenjiwalk
バリアフリーの街づくりに貢献する高精度GISデータ


tenji_main


すべての人が円滑に移動するためには関連するバリアフリー情報の整備が欠かせません。
東京地図研究社は 創業50年。その歴史と地図づくりのノウハウを生かし、GIS(地理情報システム)向けに2つのデータ製品を誕生させました。

点字誘導ブロックデータ・歩道ネットワークデータ 3つの特長
1.すぐに使える

様々なデータベースへの親和性が高いGISデータで情報を整備。汎用性のあるshapeデータですぐに使用可能です。
また、画像データ(JPG等)グラフィック用データ(Adobe Illustrator)でのご提供も可能です。
他のGIS・画像ファイル形式に関しても相談可能。データの改編・再販も可能です(※データ使用後の成果物に対してはコピーライトの表示が必要です)。

 
2.高精度
■点字誘導ブロックデータ   ■歩道ネットワークデータ
公開情報(国土地理院提供の基盤地図情報および空中写真)を活用し、平均誤差50cm(地図縮尺1/500位置と比較)の高い位置精度を持ちます。   公開情報(国土地理院提供の基盤地図情報および空中写真)から、歩道の中心線のみを抽出し、実際に歩ける位置を示しております。
     
3.幅広い応用範囲
■点字誘導ブロックデータ   ■歩道ネットワークデータ
主に視覚障害のある方のために、誘導路の計画に活用ができます。また、点字誘導ブロックの整備状況の確認にも活用できます。   あらゆる移動困難者が、安全に目的地までたどり着くためのルート解析を行うことができます。また地域福祉や交通に関わる対策・計画のための基礎資料に活用ができます。

 

点字誘導ブロックデータ

■製品概要
  tenji

◆高解像度の空中写真を、局所オルソ化し抽出したラインデータ
◆地図縮尺1/500精度の点字ブロック位置と比較し、平均誤差50cmの位置精度
◆ラインにおける属性:「警告ブロック」「誘導ブロック」

 
■本データでできること(例)
 

◆福祉・防災マップへの活用
本データをもとに、点字誘導ブロックの敷設状況を含む福祉・防災マップを作成し、視覚障害のある方に適した施設(福祉施設・避難所など)への歩行ルートの選定ができます。
◆敷設状況の把握と改善及び新規計画の提案
本データから、点字誘導ブロックの敷設状況が把握でき、現状の改善提案や新規計画の策定ができます。

 
■納品データ形式
 
■データソース
Shapeデータ(座標系:世界測地系緯度経度)、画像データ(JPG等)、グラフィック用データ(Adobe Ilustrator)
※その他ファイル形式、座標系についても対応いたします。
    【国土地理院】基盤地図情報…基本項目(2500):道路縁・道路構成線
【国土地理院】空中写真…単写真:400dpi/1200dpi
※本製品には背景地図データは付属されておりません。
■整備済エリア
国分寺市・調布市・八王子市・府中市・武蔵野市(2013年)、世田谷区・多摩市(2014年)、新宿区・文京区(2016年)、足立区・千代田区・豊島区・港区(2017年)
※順次整備エリア拡張中です。未整備エリアについてもご相談ください。( )内は整備年。


歩道ネットワークデータ

■製品概要

   

◆一般的な歩道・横断歩道・歩道橋など歩行可能な道路の中心線を抽出したラインデータ
◆ラインにおける属性:「勾配(傾斜)」「幅員」「点字ブロックの有無」

■本データでできること(例)
◆歩行ルート解析
ラインにおける属性から、「傾斜のゆるいルート」「幅の広いルート」「点字ブロックの続くルート」など、多様な移動困難者の需要に見合う歩行ルートを解析することができます。
◆歩道インフラ整備

「傾斜のきつい箇所」「道路のせまい箇所」など地域福祉や交通安全計画の課題となる場所に対して、本データを基礎資料とすることで、解決に役立てることができます。
■納品データ形式   ■データソース
Shapeデータ(座標系:世界測地系緯度経度)、画像データ(JPGなど)、グラフィック用データ(Adobe Illustrator)
その他ファイル形式、座標形式についても対応いたします。
  【国土地理院】基盤地図情報…基本項目(2500):道路縁・道路構成線/数値標高モデル:5mメッシュ
【国土地理院】空中写真…単写真:400dpi/1200dpi
※本製品には背景地図データは付属されておりません。
■整備済エリア
文京区(2016年)、港区(2017年)
※順次整備エリア拡張中です。未整備エリアについてもご相談ください。( )内は整備年。

 

学会発表実績

■日本地理学会(2015年9月18日)2015年秋季学術大会ー口頭発表
「視覚障害者誘導用ブロック設置状況のGISデータベース化ー災害時における障害者移動支援の視点から」
■日本地理学会(2016年10月1日)2016年秋季学術大会ー口頭発表
「公開情報から作成した歩道ネットワークデータとその活用〜バリアフリーの視点から〜」
■第25回地理情報システム学会(2016年10月15〜16日)研究発表大会ポスター発表
「移動困難者を考慮した歩道ネットワークデータ作成の試み」
■CSIS DAY 2016「全国共同利用研究発表大会」(2016年11月18日)口頭発表+ポスター発表
「公開情報を用いた歩道ネットワークデータの作成手法」
■日本福祉のまちづくり学会(2017年8月9日)全国大会ー口頭発表
「GISによる歩道ネットワークDBの構築とその活用」


TOPへ

お問い合わせ頂いてから納品までの流れはこちらをご覧ください。
まずは下記までお気軽にご相談ください。
  ◯ メールでのお問い合わせ(24時間受付)
order
※メールを送信される前に必ず「個人情報の取扱いについて」ご一読頂き、同意の上でご連絡ください。
◯ 電話でのお問い合わせ
042-364-9765(受付時間:平日9:00〜17:00)
◯ FAXでのお問い合わせ
042-368-0333(24時間受付)




  

   前の画面 スタート ホーム